自転車に乗っていて気になっている交通マナーについて

私は、毎日自転車で移動しています。その自転車に乗っていて気になることがあります。それは市街地で交通量がそれ程多くない道路でも交差点ごとに信号機が設置してあることです。自動車ですと、赤信号で度々止まることはなく、すいすいと走って行くのを見かけるのですが、自転車だと速度が遅く、赤信号で度々止まることが多いのです。

 

交通量の少ない道路だと赤信号で止まっている時に、脇の道路を見ても殆ど車が通っていないことがあります。そのような場合は信号を無視して渡ってしまうことがあります。ただ私は、見通しの悪い道路ではやりませんが、殆どの自転車は信号を無視して渡って行きます。交通量の多い道路ですとさすがに、信号無視する自転車はないですが、交通量の少ない狭い道路ではよく見かけます。

 

また、狭い歩道にもかかわらず逆走している自転車をかなり見かけます。この道路は道幅がそう広くないのですが、交通量が多いので自転車で車道を通るのには、危険を感じるため歩道を通っています。ただ逆走ですと、他の自転車と正面衝突する危険性や歩行者にぶつかる危険性があります。

 

市街地の道路は住宅等が密集しているため狭い道が多く、そのため歩道も狭くなっている道路が多いです。自転車が安全に走れるような専用レーンが有る広い道路があると良いのでしょうが、そのような道路は少ないのです。車に対して自転車は弱者になりますが、歩行者から見ると強者になりますし、自転車は軽車両に分類されていますので、自転車に乗る際は歩行者に充分気を付けるべきですし、交通法規を守らなくてはならないと思います。

関連ページ

スポーツっていいですよね。ワールドベースボールクラシックの2次ラウンドを観戦
スポーツっていいですよね。ワールドベースボールクラシックの2次ラウンドを観戦